無料ブログはココログ

リンク

« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »

2002年6月

2002年6月24日 (月)

偽善

偽善だ、偽善者だと騒ぐものの多くは、実際は、何もしない人ではないだろうか。
そっちの方が余程偽善で、はずかしい。
偽善とか、善というものは、一体なに?

幻覚

人は幻覚を見るように出来ている。
ただ、自覚がなければ、それは幻覚と認識できない。
いつも、常に、現実が見えているというわけではない。
目に見えているものが、常に、現実だとは限らない。
夢はどうして映像で見ることができるのか。
それは、眠っていなくても可能なのだ。
よくあるのが「気のせい」と言うもの。
無いものが有るように感じる事。

京極夏彦の『姑獲鳥の夏』を読んでから、そういうのを当たり前と思えるようになった。
変なことでも、不思議なことでもないのだよ。

その後

引っ越した猫は、その後、牛舎の二階に居ました。
近付くと、親がものすごい勢いで威嚇します。

野良ねこ、飼いねこというのがあるのだから、牧場ねこというのがあってもいい。
それ程、牧場には猫が居る。

2002年6月11日 (火)

いいこと

朝、顔を洗っていると、足の甲に、ほわほわっと、何やら柔らかいものが乗ってきた。
気持ちいいな。
見てみると、猫が、私の足の甲を枕にして、寝ている。
気持ちいいようだ。
「おい、動けないよぅ」
「ぬぁおぉ~ん」

引越し

子猫が引っ越してしまった。
これで敷藁が運べる。
でも、やっぱり、さびしい。
また、逢えたら、いいな。

私は36点

私は「おたんこ」らしい。あなたは?

※『おたんこナース』1巻巻末参照

2002年6月 8日 (土)

ワールドカップ

ワールドカップ、どうして全試合、テレビ中継しないのでしょう?
衛星でやっているかもしれないけど、それじゃ、他の国でやっているのとかわりないよ。
試合数だって多いわけじゃなし。。。
もっと盛り上がってもいいと思うぞ。

2002年6月 7日 (金)

たったひとつの

あちらの神さまと、そちらの神さま、たったひとつの神さまというのなら、どうして、同じ神さまだと思わないのだろうか。
環境、歴史、時代、人などなど、それらが違えば、神さまとの付き合い方も、違ってきて当然だろう。
対立しているのは、「人」。
問題を起こしているのは、「人」。
神さまの所為にしてはならない。

まっくらな道が

例えば、まっくらな道があったとします。
道の真ん中は、安全です。真っ直ぐ進めば問題ありません。
道の端は、崖です。落ちれば怪我をします。

さて、真ん中と端、どちらを進みますか?

2002年6月 4日 (火)

ねここねこ

今日、敷藁を移動させていたら、中から猫が飛び出してきた。
よく見ると、目が開いたばかりの子猫が3匹。
飛び出したのは親猫のようだ。
子猫は、蓬のトラ2匹に、真っ白1匹。
というわけで、今日の敷藁移動は中止になりました。
子猫たちが引越しをするまで動かせませんね。

彼らの無事な成長を祈ります。

本日は晴天なり

というわけで、姪の運動会は無事に行われています。

2002年6月 3日 (月)

雨降った

6月早々、雨が降った。
昨日は姪の運動会だったが、明日以降へ延期になった。
今夜からまた降るそうだ。
なんで今更降るかなァ。

雨といえば、ふと思いつくのが映画『ボビーフィッシャーを探して』のワンシーン。
チェスの試合にわざと負けた主人公、それを詰問する父親。
土砂降りの雨の中、主人公の台詞。
「なぜ僕から離れてるの?」

2002年6月 1日 (土)

中原淳一

中原淳一は、静のイラストレーターである。
そんな印象を受けた。

« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »