無料ブログはココログ

リンク

« 2002年3月 | トップページ | 2002年5月 »

2002年4月

2002年4月18日 (木)

図書館リターンズ

 久しぶりの日記。
 図書館で借りたもの。続き。
 CD、テレマン『管楽器のための協奏曲集』。
 目覚めにいいCDでした。ここちよいです。
 CD『クラシックの世紀』Vol.2。
 バロックを勉強するには音楽史を学ばねばと思い借りたのですが、
純粋に音楽として楽しんでいる。
 ま、それでいいのかも。
 ちなみに、Vol.1は無かったので2を借りました。
 本、『世界 名画の旅』1。
 先日、バロックつながりで近代美術館へ行きました。
 それ以来、絵が頭の中を離れません。
 そんな訳で借りて来た一冊。
 気に入った絵を幾つかピックアップ。
 ジェラール作『レカミエ夫人の肖像』
 ワトー作『シテール島への船出』
 トロピニン作『レースを編む女』
 とこんな感じ。
 本、鳥山石燕『画図百鬼夜行』。
 勿論、石燕が書いた(描いた)本物ではない。
 石燕が書いた四冊をひとつにまとめたものである。
 めちゃ探していた本です。
 うれしい。
 出るわ出るわの妖怪の数々。
 当時(江戸時代)はまだ「妖怪」という呼び名はなかったようですが。
 当時の人々は、我々が思っているほど妖怪とかそういうのを恐れて
いた訳ではないような気がします。
 むしろ、娯楽として楽しんでいたのではないだろうか。
 身の回りで起きた出来事をそれら百鬼に例えて。
 そりゃ、畏怖の対象であったものどももいたでしょうけどね。
 おもしろいです。

« 2002年3月 | トップページ | 2002年5月 »